趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

2017年のパチンコ業界は新基準で勝てないようになったのか!?

2017/03/24

スポンサーリンク

2016年の終わりごろからパチンコ業界に激震が走りました!

それは新基準による規制です・・・

以前から『射幸心を煽る』という理由で数々の規制がされてきましたが、今回は人気だったMAX機種が規制によって完全に終了してしまったのです!

この記事ではパチンコの新基準はどのような内容か?基準によって勝てない理由などを書いていきたいと思います。

 

MAX機種が完全撤廃した新基準の内容とは!?

 

 

今回の規制の内容はこのような内容です。

  • 初当りの確率下限が1/320まで
  • 大当たり確率が1/320以下のパチンコ台では、600個以上かつ最大獲得出玉の1/3以上の出玉を獲得
  • 大当たり確率が1/260以下の機種に関しては、最大出玉の1/4以上の出玉を獲得
  • 大当たり確率が1/160以下の機種に関しては、最大出玉の1/8以上の出玉を獲得

今までは通常時が1/399の確率で継続率も65%以上ある機種が多かったので爆発したら出玉の大量獲得も夢ではなかったのですが、今回の規制によって確変の継続率は最大でも65%までになってしまいました・・・

出玉も以前に規制前に比べると非常に少なくなった為、正直勝ちにくくなったな!という印象を受けます。

ネット上では今回の規制に伴い『パチンコ引退』を口にする人も多いようです!

 

スポンサーリンク

もうパチンコは勝てないのか!?

 

 

パチンコに勝つためには機種のスペックも重要ですが、それ以上に一番重要な部分といえる『釘』の部分も年々かなり厳しくなってきている傾向にあります。

大きな理由はパチンコ全体の遊戯人口の低下が大きな原因があるようです。

パチンコ店も利益を出さなければならないのですが、日々の営業には経費も掛かりますし、頻繁に行われる新台の入れ替えもあります。

ですが、人口は少なくなってきているとなると、なかなか釘を開けにくくなるというのが業界の本音ののようですね・・・

もちろん、釘を開放しているホールもあるとは思いますが多くのお店はしまっている場合が多く、それに加えて今回の新基準によるダブルパンチとなると、もう分かるとは思いますが勝ちにくくなっているのが現状です!

数日で見ると勝つ事もあるかもしれませんが、長い目で見ると確実に負けに向かっている方が多いはずです・・・

スポンサーリンク

プロのライターですら厳しいと嘆く時代に・・・

 

 

実践動画をYOUTUBEに上げたり雑誌で攻略情報を書いて多くのパチンコファンを楽しませてくれているライターの方々も昨今の業界を嘆く方も多いようです!

某有名ライターの方は仕事以外のプライベートでは一切打たない!と公言している方もいるほどです・・・

YOUTUBEの実践動画を見ても負けている動画の方が非常に多いですし、やらせかもしれませんがお金を借りる姿はファンとしては非常に切なくなります・・・

 

 

今後はライターの取材も厳しくなる!?

 

震災以降パチンコ店のイベントは行われなくなり、ホールごとの特色を生かした営業も難しくなっています。

イベント自体は禁止ですが最近ではパチスロ・パチンコ雑誌のライターやYOUTUBEのチャンネルを持つライターを呼ぶことでパチンコ店のPRをしています。

しかし、そのライターイベントも規制する動きがあるようです・・・

関西の某遊協組合が5月1日からライターイベントを全面自主規制することを決定したようです。

自主規制の内容は、「ライターによる、あるいはライターを媒介とする広告・宣伝活動の全面自粛(禁止)」で、例えば「▲▲氏、●月●日来店!」といった事前告知や、ライターが特定機種を遊技している様子をインターネット等で告知・配信することなどです。

某遊協組合では、ライターによる集客イベントの内容がエスカレートしている現状を鑑み、このままでは他の営業活動にも影響が出ると判断。単にライターイベントを禁止するだけでなく、ライターによる事前告知や遊技動画の配信など、ライターが関わる広告・宣伝活動の全てを禁止するという厳しい内容になっています。

パチンコ・パチスロ業界ニュース『遊技日本』:引用

 

ライターイベントは唯一の集客を見込める宣伝活動でしたので、徐々に規制されていくと業界全体がより一層下降していくのではないでしょうか・・・

 

今回の新基準に伴いよりこれ以上に遊戯人口が少なくなると未来は無いのかもしれませんね。

業界全体が逆風の状態でこれからメーカーやホールがどのような形になっていくのかが非常に気になるところですね!

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメ!

-趣味
-