趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

2018年に登場する6号機のパチスロは規制緩和によって勝ちやすくなる!?

スポンサーリンク

2月から行われた大幅な規制によって出玉やスペックがかなり厳しくなったのは皆さんもご存知の事だと思います・・・。

しかし、現在設置されている機種の撤去はされていないので実感がない方も多いとは思いますが、これから登場する機種は新基準の機種になってしまい、今までの機種は撤去されます。

『もう引退かな・・・』そんな声もユーザーからは多く上がっていますが、ここにきて朗報が入ってきました!

パチスロ6号機は規制が少し緩和されてAT機も復活する可能性があるのです!

では情報の詳細について見てみましょう

 

 

6号機は規制緩和でAT機が復活して勝ちやすくなるのか!?

 

2月からの規制では4時間での儲けが5万円以下となり、ボーナスの獲得枚数も上限480枚から300枚となる為、BIGボーナス枚数が300枚以上のジャグラーですら規制の対象となってしまいます。

それだけでなく機械割も119%から115%に引き下げられるなどパチスロ本来の楽しさが大幅に失われる内容になっています。

この規制内容ですと演出だけが派手になってゲーム性も出玉も全く無い機種ばかりになってしまいます。

しかし、ここにきて規制緩和の動きがあるようです!

 

スポンサーリンク

規制緩和の内容と6号機のベールとは!?

 

 

今回『遊技通信(遊戯通信社)2月号の特集ページでは以下の内容が記載さています。

  • 5.9号機で実施されている『ART抽選の設定差』の廃止
  • ART・AT中(有利区間中)はランプ告知でも問題ない
  • 1Gあたりの純増枚数の撤廃
  • 大当たりの最大枚数規制が2400枚

今回の内容を簡単にまとめると以上のような内容になっています。

 

純増枚数の廃止とAT機復活はかなり大きい!!

 

今まで5号機以降純増枚数が3枚までという内容になり、2015年以降に登場した機種は2枚以下(ボーナス込み)という内容になっていた為、出玉感が少なく長時間の遊戯を行わないとまとまったメダルを獲得できませんした・・・

しかし、今回の純増枚数の廃止によって一撃性のある機種が登場可能になったという点はかなり大きいのでは無いでしょうか!?

過去の4号機のような爆発力のある機種が再来する可能性すらあります・・・

しかし、射幸心を煽るような機種の登場は再び規制を強める可能性が高いのでずば抜けたスペックの機種の登場はしないでしょうが、現在の機種よりは遊びやすくなるのではないでしょうか!?

 

最大枚数2400枚規制は緩和されず・・・

 

 

1回の大当たりからの獲得枚数が2400枚に規制される事への規制緩和はないようです。

どれだけゲーム数を上乗せをしても2400枚に到達した時点で終了となってしまいますが、現在の機種でも2400枚を出すのは結構難しくなってきているのでこの点に関しては開発側も他のゲーム性で試行錯誤してくるのではないでしょうか・・・。

 

6号機の噂に関しては多数存在している!

 

他にも『天井恩恵』の復活など様々な噂が飛び交っています。

情報に関してはネット上でもたくさんありますが、今までの規制も『射幸心を抑える為』という名目だった為、あまりにずば抜けたスペックに切り替わるような期待はしない方が良いかもしれません!

 

どちらにしても今の現状では業界全体も赤字になって衰退していく一方ですので、今回の規制緩和はパチスロの未来をつなぐ最後の切り札かもしれませんね!

 

スポンサーリンク

こんな記事もおススメ!



-趣味
-