趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

雨の日はパチンコに勝ちやすい!?釘が甘いという噂は本当か!【オカルト・噂】

スポンサーリンク

パチンコをやる方なら一度は聞いたことのある噂の一つに「雨の日はパチンコで勝ちやすい!」という噂を聞いたことがあるはず!

パチンコが全盛期だった昔から言われている噂ですが、現在でも言われているこの噂は本当なのでしょうか!?

では、どうしてこのような噂が広がっていったのでしょうか?また、その噂は本当なのでしょうか?そんな疑問を今回は調べてみましたので見てみましょう!

 

雨の日はパチンコで勝ちやすい!?

 

 

パチンコで勝つ為に一番重要な部分は『釘』が一番です!

お店の利益を左右する重要な部分を雨の日に緩くするのであれば雨の日を狙っていけば勝てるはず!と思ったのですが、現実はそんなことは無いようです・・・

 

スポンサーリンク

なぜそんなオカルトが!?

 

 

このオカルトが言われるきっかけになったのにはいくつかの説があるようです・・・

その説とはこちらの説です!

  • 雨の日は工事現場が休みになるので、休みの作業員達が来る
  • 盤面の「木材」が湿気を吸って、打ってある釘の反発力が押さえられる
  • 駅前の店舗は雨宿りに入る客が多い為

ではその説を詳しく見てみましょう!

 

雨の日と仕事の休みが関係!?

 

雨の日は外で仕事をする土木関係や建設業の仕事が休みになる事が多いです。

そのため、雨の日になると仕事が休みになった人が多く来店される為、稼働が上がる為出ているように見えるという説があるようです!

建築・土木関係の方はパチンコが好きな方が多い為、仲間の中での会話の中からそういった噂が広がったのではないでしょうか!?

 

パチンコに当時使われていた木材が関係!?

 

昔のパチンコ台の多くは木材に釘を打ち込んで製造された機種が多く、現在のパチンコ台に比べるとムラがあったようです。

そのため、雨の日になると木材が水分を吸って釘が少し緩くなるという事があったとかなかったとか・・・

あくまで噂ですので、信憑性が少ないですが、こういった昔ながらのパチンコ台のムラも『雨の日は出る!』という噂のきっかけになったのでは!?と言われています。

 

駅前は稼働率が上がりやすい!

 

雨に日になると稼働が上がるホールもあります・・・そう、駅前のホールです!

郊外のパチンコ店の場合は車で行く方が多いですので、雨などの天候も関係が無いのですが、駅前の場合は雨宿りや暇つぶしで打ちに来るお客さんが多い為稼働が上がると言われています。

 

昔ながらの営業をしているお店は意図的に雨の日に釘を甘くしているかもしれないので、見に行ってみるのも面白いかもしれませんね!

 

現在は天候は関係ない!

 

 

以前は雨の日に出してアピールをする!というホールもあったかもしれませんが、現在は天候によって釘を甘くしたり、スロットの設定をよくするといった事を行っているホールはほとんど無くなっているようです・・・

現在は遊戯人口も少なくなっていますので、回収をするお店の方が多いかもしれません!

仮に釘が甘くなっていたとしても、スペック自体も規制でかなりきつくなっているので、勝つ事自体もかなり難しいのが現状です・・・

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメ!

-趣味
-