趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

パチンコの遠隔の噂は本当なのか!?激アツ外れや回転数のハマりは遠隔なの!?

2017/08/04

スポンサーリンク

パチンコを打っている時に激熱のリーチがハズレた時や回転数が1000回転を超えた時など頭に浮かぶことは無いだろうか!?

そう・・・『遠隔しているのでは』!!

パチンコを打っている人なら誰しも一度は『遠隔はあるのだろうか!?』こんな疑問を抱いたことがあるはずです。

今回はそんな遠隔の謎や疑問について考えてみましょう!

 

パチンコの遠隔は本当に存在するのか!?

 

 

まず最初にパチンコの大当たりの仕組みについて知っていこうと思います。

パチンコはハンドルをひねる事によって打ち出された玉がスタートチャッカーに入賞した瞬間に大当たりの抽選を行い、その結果をデジタル液晶に映し出すという仕組みです。

他にも羽根モノのように目で見える大当たりの『V入賞』に入れる事によって大当たりになる機種もありますが、現在の主流はデジタル液晶の機種が圧倒的に多いです。

 

スポンサーリンク

激アツのリーチはすでに結果が決まっている!

 

大当たりの仕組みから考えると、パチンコの液晶に『激アツ』の演出がいくら出てきても"大当たり・ハズレ"の抽選結果は決まっているのです・・・。

その結果を疑似連が起きたり、ボタンを押したり、長々とリーチの演出を見て楽しんでいるがパチンコなんです。

ですので、『リーチが掛かってる最中に遠隔をしてハズレにしている』という事は一切ありません!

 

じゃあ遠隔は存在するの!?

 

結論から言うと"遠隔は確実に存在します極少数の店舗で"という回答が一番かと思います!

遠隔は実際に摘発されたり、ニュースになっている店舗も過去にはありますし、遠隔が見つかりいきなり営業停止になっている店舗も存在するようです。

 

 

ですので、遠隔自体は存在するのですが、ごく少数の店舗ですので、もし遠隔の店に出会ったらかなりレアなパターンです。

多くの店舗が遠隔を行わない理由としては、『圧倒的なコスト』と『営業停止のリスク』をかけてまで遠隔をする必要がないからです。

遠隔の機器を全ての台に取り付けるとなるとかなりの経費がかかりますし、現在は新台の入れ替えが激しいので、その都度設置を行っているとコストが膨大にかかってしまいます。

 

そして一番の理由が『営業停止』のリスク・・・

 

一回遠隔が発覚すると営業停止か見送りになります。

その為、パチンコ店は膨大な経費をかけて建てた店舗が営業出来なくなる事はどうしても避けたいのです・・・。

もし、営業停止を免れたとしても一度遠隔をしてしまったという事がお客にしれてしまったら信用を失います。

どっちにしてもバレてしまったら致命的な打撃を受けてしまうのです・・・。

そこまでのリスクをおかして遠隔をする店舗はごく少数です。

 

遠隔について詳しく解説している動画もありますので、興味のある方はどうぞ!

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメ!

-趣味
-