趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

パチンコの出玉規制の救世主!?羽根モノ系パチンコが中心の時代に!!

スポンサーリンク

本格的に新基準のスペックにパチンコも切り替えり、以前よりも勝ちにくくなってきました・・・

最近では新しく1時間当たりの出玉規制も検討されているので、より一層パチンコ業界も遊戯者も厳しくなってきています。

そんな中、各メーカーから多く発表され注目されているスペックがあります!

それは・・・『羽根モノ系パチンコ』!!

大当たりが目で見える昔ながらのパチンコ台ですが、なぜ今更再注目されているのでしょうか!?

今回はそんな羽根モノパチンコの魅力について書いていきたいと思います!

 

これからは羽根モノ系のパチンコが主流に!?

 

 

近年はデジタル液晶が中心のパチンコが多くを占めていたので、羽根モノはマニアックなホール以外見かける事も少なかったのではないでしょうか?

あったとしても数台バラエティーコーナーに置かれている程度ですので打ったことのない方も多いはずです!

そんな羽根モノ系のパチンコはどのような台なのかをまずは解説していきましょう!

 

スポンサーリンク

羽根モノってどんな機種なの!?

 

 

羽根モノのパチンコの大当たり方法は非常にシンプルです!

  1. 台の下方に設けられた開放チャッカーに入賞させる。
  2. 台中央に設けられた役モノへのルートが開きます。
  3. その役モノ内部に設けられたV入賞口(Vゾーン)に玉が入れば大当たり!

シンプルなゲーム性ですが、非常に奥が深くて技術介入も必要となるので、パチンコ上級者の方に特におススメしたい機種です!

 

 

勝つために一番重要なのは釘!

 

羽根モノのパチンコの場合、一番重要な部分は『釘』になります!

もちろんデジタル機の場合もスタートチャッカーに玉が入って抽選をするため釘は重要でしたが、運が良ければ1玉で大当たりになります。

しかし、羽根モノのパチンコの場合は釘が悪いとV入賞までたどり着く事が出来ないので大当たりにもならないのです・・・

ですので勝つ為には『釘を読む実力』が必要となります!

釘がしっかりと理解できれば、安定して勝つ事も可能なのでそういった部分も羽根モノの魅力の一つですね!

 

大勝出来る可能性は十分ある!

 

 

羽根モノは『確変』が搭載されていないので、次の大当たりの保障がないです・・・!

ですので、『大当たりの出玉も少なくて勝てないのでは!?』と思われるかもしれませんが、そんな事はありません!

確かに羽根モノは連チャンはしませんが、一回の大当たりの出玉が多い台が次々と登場しているので、大勝も十分に可能なんです!

 

天下一閃の場合は1回の大当たりで約4500玉もの出玉が獲得可能です!

デジタル液晶と羽根モノの合体機種『餃子の王将3メガ盛り』の場合は約7000玉もの出玉になっています・・・・

 

釘が良ければ〇十万勝ちが可能ですので、羽根ものには十分に夢がありますよね!

 

閉店間際で負けから一発逆転があるパチンコ機種は!?新基準でも短時間で大量出玉!

 

新台として次々と発表される!?

 

大手のパチンコメーカーは新台として羽根モノ機種を発表するという噂があがっています。

しかし、羽根モノとデジタル液晶を合体させた『餃子の王将』のようなスペックの物が増えるようです・・・

羽根モノやデジタル液晶を合わせただけでなくさらに面白いゲーム性になった機種が登場するのも時間の問題かもしれません!

 

見直されるべき本来のパチンコの姿!

 

 

デジタル機の場合は『激熱』の演出がきても外れる事が非常に多いです。

派手な演出が多い現在の機種に飽きている方も多いのではないでしょうか!?

その分、羽根モノは『自分の目で大当たりを確認出来る!』という楽しさを持っていますので、本来のパチンコの楽しみ方を再認識できる機種です!

遠隔やスペック詐欺なども多い現在のパチンコ業界飽きてしまっている方は『昔ながらの羽根モノ』に熱くなってみてはいかがでしょうか!?

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメ!

-趣味
-