趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

『CR彼岸島』右打ちの師匠ルートは勝てる可能性が高い!?ボーダーは?

スポンサーリンク

通常時に遊戯者がスペックを選べるシステムで話題のパチンコ『CR彼岸島』!

王道のST確変の「明ルート」と電サポ無しで一撃性の高い大当たりが魅力の「師匠ルート」の2種類を使い分ける事で開店から打つ事も閉店間際の勝負も可能になっている。

しかし、多くの方はこんな疑問を抱くはずだ・・・。

 

『どちらで打った方が勝つ可能性が高いのか!?』

 

今回はそんな「CR彼岸島」のルートについて考えてみたいと思う!

 

 

『CR彼岸島』は師匠と明のどっちのルートが勝つ可能性が高いの!?

 

まず初めにCR彼岸島のスペックに関しては過去の記事に詳しく記載してあるので詳しい詳細が気になる方は下記の記事を参考にしていただきたい。

新台『CR彼岸島』スペック・師匠ルート・明ルート・大当たり振分け詳細

 

冒頭でも書いた通りこの機種の最大の魅力でもある2つのルートですが、大きくスペックが異なる事が特徴になっている。

まずはメリットとデメリットについて見直してみたい。

 

スポンサーリンク

『明ルート』のメリットは!?

 

明ルートの最大の特徴はやはり電サポありのST確変という部分です。

スペックとしては突出した部分はないものの『1/99.9』の確率で101回転のST確変はやはり安定はしているので平均期待連チャン数も2~4回は期待可能な数値になっている。

そして通常の大当たりの場合も100回転の時短がある為引き戻しの可能性は約32.4%となっている。

この為、師匠ルートに比べると波の荒い展開にはならない事が一番のメリットではないだろうか。

 

明ルートのデメリットはあるのか!?

 

スペックとしては初当たりの確率も低く設定されており定番のST確変スペックになっているのだがデメリットは当然あります。

まず注目してもらいたのは大当たり振分けの数値です。

 

ラウンド 電サポ 獲得出玉 振り分け
16R確変 101回 2400個 30%
6R確変 101回 900個 15%
5R確変 101回 750個 15%
4R確変 101回 600個 20%
4R通常 時短100回 600個 20%

最大の魅力でもある16R確変(2400玉)の出玉の振分けが30%となっており、6・5・4Rの出玉に関しては1000玉以下という数値になっています。

16Rを獲得出来なければ少ない出玉しか獲得出来ない為、16R確変頼みになっている部分が非常にデメリットに感じるます・・・

 

師匠ルートのメリットは!?

 

師匠ルートのメリットはなんといっても今までのパチンコには無かった驚異の回転数です。

右打ちの場合はサクサクスタートチャッカーに玉が入るのでボーダーも驚異の数値になっています。

 

換金率 表記出玉 出玉5%減
2.50円 51.1 53.8
3.03円 48.6 51.2
3.33円 47.6 50.1
3.57円 46.7 49.2
等価 45.4 47.8

 

そして演出も最小限に抑えられているのでパチスロのジャグラーのようなAタイプ感覚で打つ事が可能です。

閉店間際や少ない投資金額での勝負の時はおススメ出来るスペックになっている。

 

師匠ルートのデメリットは!?

 

やはり電サポなしの一発大当たり勝負の部分がメリットでもあるがデメリットでもあります。

50%の確率で16R(2400玉)が獲得可能ですが、50%の確率で4R(600玉)という振分けです。

まさにジャグラーのBIGとREGのような感覚ですね!

こおのスペックですと4Rに偏ってばかりだとかなりの金額を負ける可能性も秘めています・・・。

 

師匠ルートでボーダーを見極めれば勝てる可能性は高い!!

 

ここまで2つのルートのメリットとデメリットを書いてきましたが、結果としては師匠ルートを条件付きでおススメしたいです。

まず一番重要なポイントはボーダー回転数をしっかりと上回っているかという部分がポイントになります。

大幅に上回って台は当然少ないと思いますが、50回転という数値が一つの目安になると思います。

 

仮に千円で50回転回った場合の当選確率は以下の通りになります。

  • 1000円(50回転)   ・・・ 17.8%
  • 2000円(100回転) ・・・ 32.4%
  • 3000円(150回転) ・・・ 44.4%
  • 4000円(200回転) ・・・ 54.3%
  • 5000円(250回転) ・・・ 62.4%
  • 6000円(300回転) ・・・ 69.1%
  • 7000円(350回転) ・・・ 74.6%
  • 8000円(400回転) ・・・ 79.1%
  • 9000円(450回転) ・・・ 82.8%
  • 10000円(500回転) ・・・ 85.9%

5000円勝負でも約62.4%で初当たりを引ける可能性がありますので規制後のスペックの機種をダラダラ打つより十分勝負は可能です。

パチスロ攻略マガジンに掲載されていたボーダー数値でもお宝台を見つけた場合圧倒的な勝率の期待値になっている。

 

千円あたりの
回転数
期待収支 勝率
40回転 -19600円 26%
50回転 +9000円 62%
60回転 +29200円 85%

 

店側もここまで甘い台だと釘を開けにくいとは思うので狙い目は新台入れ替えを行っている今の時期を狙って打ちに行く方が良いかもしれませんね・・・

 

規制が厳しくなってからスペック自体も似たような内容の台ばかりの中『CR彼岸島』はだいぶ攻め込んできた台だと思います。

昨年から天下一閃などの一発系ハネモノが流行っていますが、こういった一発台がこれからの主流になるかもしれません。

一度『CR彼岸島』を打ってみてはいかがでしょうか!?

スポンサーリンク

こんな記事もおススメ!



-趣味
-