趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

新台パチンコ『CRひぐらしのなく頃に 叫』スペック・モード詳細【感想・評価】

2017/06/21

スポンサーリンク

Daiichiの人気タイアップ機種『ひぐらしのなく頃に』にパチンコの新台が登場します。

今作は継続率が65%のV-ST機種となっており最大の注目ポイントは16R(2400玉)のループによる出玉!

では、詳細についてみていきましょう!

 

『ひぐらしのなく頃に 叫』スペック詳細

 

 

導入予定日は6月の19日になっております。

6月の5日に『吉宗4』や『銀河鉄道999』などの注目機種が登場予定となっており、7月の前半には『リング』の新台も登場しますので、ホールとしては扱いどころが微妙なところ・・・

導入したとしてもメイン機種にはならず、バラエティコーナーに数台といったところでしょうか!

 

台の名称 CRひぐらしのなく頃に叫
メーカー Daiichi
仕様 V-ST
導入日 2017年6月19日
導入台数 約10,000台

 

スポンサーリンク

公式PV

 

 

大当たり確率・継続率

 

初当たり確率は『1/319.7』と新基準機の定番スペックになっており、確変ループ機ではなく『V-ST』という仕様に!

STへの突入率は『52%』となっており、ST中は130回転を『1/124.3』の確率で抽選。

ST継続率は65%となっておりますが、ST確変中の確率が高いだけにスルーの可能性も十分にあります・・・

 

初当たり確率 1/319.7 → 1/124.3
ST突入率 52%
ST回数 130回
ST継続率 65%
賞球数 ヘソ 4個
電チュー 1個
その他 3個
アタッカー性能 賞球15個/10カウント
(1Rあたり150個の払出)

 

ヘソ入賞時の大当たり振分け

 

ヘソ入賞からの大当たりの場合52%の確率でSTへ突入しますが、もし通常だった場合も100回の時短がつきます。

時短での引き戻し確率は、約26.9%ですのでトータルするとST突入への確率は約79%となっています。

大当たりはほぼ9Rとなりますが、出玉は約1350個と最近の機種の中では比較的に多い仕様です。

 

状態 ラウンド 電サポ 払出 振り分け
確変 16R ST130回 2400個 1%
9R 1350個 51%
通常 9R 時短100回 1350個 48%

 

電チュー入賞時の大当たり振分け

 

電チューでの大当たりは、8Rか16Rの2種類になっており、全ての大当たりはST突入になります。

嬉しいポイントは16Rの比率が88%となっていますので16R2400個のループになれば一回の大当たりから万発の可能性も十分にあります!

 

状態 ラウンド 電サポ 払出 振り分け
確変 16 ST130回 2400個 88%
8R 1200個 12%

 

ボーナスの種類

 

ボーナスの種類は主に2種類になります。

 

オヤシロボーナス

 

電チュー大当たりからのルートが多い16R確変ボーナス

獲得出玉は2400発にST突入確定になります。

 

ひぐらしボーナス

 

ヘソ入賞の大当たりからのボーナス。

9R1350発となっており、ラウンド中の「オヤシロチャンス」成功でST、失敗で100回転の時短に移行します。

 

モードの種類

 

前作は潜伏確変などもあり複雑なモードシステムでしたが、今作はモード数も少なく非常にシンプルな仕様になっています。

 

身隠しモード / 電サポ 時短100回

 

時短のモードになっており、電サポ100回転の通常確率(1/319.7)での抽選です。

引き戻し確率は約26.9%

 

刻明しモード・身隠しモード / 電サポ ST130回

 

STは前半30回転が刻明しモードとなり、後半の身隠しモードに移行します。

130回転ST確変になっており継続率は65%となっています。

 

感想・評価

 

新機種は確変ループ機が多い中で『V-ST』での新台ですので、ネット上でも期待の声が高いです。

スペックに関しては非常に優しい仕様になっていますね!

ST中は88%で2400玉の16Rになっており、通常の大当たりの場合も1350玉の獲得が可能ですので全く出玉無しで終わるという事はありません。

一回STループに入れば万発も十分にある一撃性のあるスペックです!

ただ、過去に登場した『ひぐらしのなく頃に』は中途半端な人気でしたので、このスペックが『ひぐらしのなく頃に』ではなければもっと人気台になるかもしれません・・・

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメ!

-趣味
-