趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

技術介入で101%の機械割『ハイパーリノ』だが勝てないとの噂が・・・。

スポンサーリンク

6月19日に導入されたパチスロ機『ハイパーリノ』ですが、設定が1段階のみという驚異のスペックで話題になりました。

簡単な技術介入のみで機械割が101%を超える為、子役の取りこぼしなどをしっかり行って長期的に打ち続ければ勝てる可能性が非常に高い台です。

しかし、導入から数週間経った現在ネット上では『機械割詐欺ではないか!?』という噂が多く上がっています・・・。

 

ハイパーリノとはどんな台!?

 

 

ハイパーリノはシンプルなAタイプ機種になっており、天井などは非搭載機種。

BIGボーナスの獲得枚数は307枚・REGボーナスは90枚とジャグラーよりは少し少ない獲得枚数のAタイプ機種になっています。

メーカー 山佐
仕様 ノーマルタイプ
回転数/50枚 約25G
天井 非搭載
BIGボーナス枚数 307枚
REGボーナス枚数 90枚

 

スポンサーリンク

設定・機械割

 

設定は1段階のみでBIG・REGともに1/199の確率で抽選をします。

出玉率はなんと101%と驚異のスペックになっています。

 

設定 BIG REG 合算 出玉率
設定Y 1/199 1/199 1/99 101%

 

全国平均の出玉率が公開されたが・・・。

 

導入から数週間経ちましたが、ホール関係者のブログではこのような記事が公開されました。

 

千円ベースが低くて

ボーナス確率が軽く

連チャンを誘発しやすいノーマルAタイプで

なんと、設定が1段階しかない特殊な台です。

その1週間分の全国データが出ましたが気になる出率は98.4%でした。

取りこぼし無し、ボーナス成立Gで揃えるなど完璧に打てれば出率がほぼ100%という計算でしたが、やはり実際は98.4%という結果でした。

設定が1段階なのでどこの店で打っても、どの台を打ってもこの出率です。

これを知ってしまうともう打つ気はしないですね。。。

導入後の稼働もやはり相当厳しい結果になってしまっています。

https://ameblo.jp/slot-goro/ : 引用

 

なぜ平均出玉率が98.4%になったのか!?

 

ハイパーリノの場合は技術介入や子役の完全攻略で機械割が101%の数値のようですので、打ち手によって多少数値が前後してしまう結果が出るのは当然でしょう・・・。

その原因として考えられるのは、最近の台は目押し不要の台が多くなってきたことによって打ち手の技術の低下も原因の一つです。

他にもAタイプ機種ですのでいくら機械割が100%を超えたとしても運の要素がかなり強くなる傾向があります。

アイムジャグラーの設定6の機械割は106.55%ですが勝率で計算すると78.14%の勝率になってしまうのです。

 

アイムジャグラーの設定6の勝率はどのくらい!?高設定・低設定の勝率を解析!

 

しかし、そういった技術介入の部分を考慮したとしても98.4%という数値は出にくい数字ですので、機械割の公表値自体を疑う意見も多いです。

 

ハイパーリノは結局勝ちにく台なのか!?

 

 

長時間勝負では1Kあたりのゲーム数も低い為、少しのハマりが起きるだけで厳しい戦いになると思いますが、ボーナス即止め位の気持ちで打ってヤメ時を間違えなければ少しの勝ち額で勝てるかもしれませんが、最近は全国的に等価のホールも少なくなってきていますので交換率を考えると負ける可能性の方が高いのが正直なところ・・・。

機械割が101%を超える為、発表直後は夢を見たユーザーがたくさんいるとは思いますがそんなに現実は甘くないんですね・・・。

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメ!

-趣味
-