趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

出玉規制後はパチンコとパチスロどっちが勝てるの!?

スポンサーリンク

本格的にパチンコ・パチスロの規制の内容が明らかになりにギャンブル依存症対策に世間からの注目が集まりはじめました。

今回の規制により一回の大当たりでの出玉が従来の機種よりも大幅に低下することや、継続率の低下など長年パチンコ・パチスロを遊戯してきたユーザーにとっては衝撃的な内容ばかりです。

しかし、『純粋に娯楽として楽しみたい!』というユーザーにとっては今後パチスロとパチンコではどちらの方が遊べるのか!?という点が気になるところ・・・。

今回は規制後のパチンコ・パチスロの楽しみ方について考えてみたいと思います。

 

規制後はパチンコ・パチスロどっちが有利なの!?

 

 

まず初めに今回の規制の内容を簡単にまとめると以下の通りです。

どちらの規制内容も共通している点は遊技時間(4時間)で獲得できる出玉の上限を5万円以下に制限することを狙った内容ですので出玉を大幅に抑える事を目的にした内容に・・・。

 

スポンサーリンク

パチンコの規制内容

  • 一回あたりの大当りの最大出玉数を2,400個(9,600円相当)から払い出し1,500個(6,000円相当)となる。
  • 封入式による店側の釘変更禁止
  • 大当たり確率に関する設定を設ける

パチスロの規制内容

  • 大当り1回で獲得できるメダルが最大300枚(6,000円相当)
  • 出玉の試験内容の変更『400G試験が出玉率220%以下、1,600G試験が出玉率150%以下、6,000Gが出玉率126%以下、17,500Gが出玉率115%以下、新たに1,600G試験の追加』

パチスロの方が厳しい内容に・・・

 

今回の内容を見る限り圧倒的にパチスロの方が不利な部分が多いです。

出玉率を見る限り、設定6で110%以下の台ばかりになる為、出玉を増やすためにはかなりの時間もかかります・・・。

パチンコの場合は一回の大当たりの出玉は少なくなりますが、まだ継続する事で短時間である程度の出玉は獲得可能ではないでしょうか!?

しかし、現在の機種に比べると非常に少ない出玉ですが・・・。

今後は勝ち負けを気にせずに長時間遊戯するという点だけを考えた場合はパチンコの方が有利だと思われます。

 

今後パチンコ業界が良くなる事は難しいのでは!?

 

今回の規制発表によって世間からのパチンコ・パチスロに対する一般的な意見はかなり厳しい意見が多いです。

パチンコ自体が非常にギャンブル性の高い遊戯で負けている方の方が圧倒的に多いという点、3点方式を使用したグレーな換金方法など、今まで触れてこなかった部分も見直されています。

今後メーカーやホール側がどれだけ頑張ったとしても出玉規制で不利な現状を覆す事は今後ないのではないでしょうか・・・。

街からパチンコ店が消える日もそう遠くは無いのかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメ!

-趣味
-