趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

新台パチンコ『CRクルクルセブン』スペック・演出・遊び方・演出詳細

スポンサーリンク

『天下一閃』や『餃子の王将』など、パチンコ本来の玉の動きを楽しむ機種が増えている中で藤商事から新台として登場したパチンコが『CRクルクルセブン』!

この機種は1993年にリリースされた、ヒット台のリバイバル機で初代のような面白さは健在!

今回はパワーアップしたその仕様を見てみましょう!

 

『CRクルクルセブン』スペック詳細

 

 

機種名 CRクルクルセブン
メーカー 藤商事
仕様 3回リミッター機
導入日 2017年7月18日
導入台数 約2,000台

 

スポンサーリンク

公式PV

 

調査中

 

大当たり確率・継続率

 

この機種は確変などは存在せず、大当たりの確率は全て『1/77.7』となっています。

大当たりは3回ワンセットになっており、その後に突入する電サポありモードでの引き戻しが出玉獲得のポイントになります。

初当たり確率 約1/77.7
時短 20 or 100回
賞球数 ヘソ 4個
電チュー 2個
その他 5個
アタッカー性能 賞球9個/8カウント
(1Rあたり72個の払出)
備考 8個保留

 

ヘソ・電チュー入賞時大当たり振分け

 

ヘソ入賞・電チュー入賞の振分けは同じになっており、大当たりは全て3回のワンセットの仕様になっています。

1回のラウンドごとにラウンドの抽選を行い3Rが中心になってり、『カウントアップチャレンジ』が発生した際は『5~15R』の大当たりになります。

3Rの大当たりが3セットの場合は約600玉前後になっている為、3回ワンセットですが出玉は甘デジと変わらない仕様です。

 

主要演出・モード詳細

 

大当たりの流れは以下の通りになります。

  1. 7図柄が2つ揃う or 図柄揃い
  2. 3回ワンセットのボーナスを獲得
  3. 3回のセットが終了後は電サポありの時短『7ストップゾーン』に突入

7ストップゾーン

 

3回のセットボーナス終了後は電サポありの『7ストップゾーン』に突入します。

時短回数は20・100回の振分けになっています。

 

感想・評価

 

当時の人気機種のリバイバル機になりますが、忠実に再現している部分も多くファンにはたまらない機種ではないでしょうか!

スペック自体も遊びやすい仕様になっており、初当たり確率も1/77.7とサクサク当たる点と3回のセットボーナスにワクワクする事間違いなしです。

大勝は難しいかもしれませんが、まったりと長時間遊ぶにはもってこいの機種ですね!

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメ!

-趣味
-