趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

仕事の昼休憩1時間でパチンコ・パチスロで打つのは危険!?負け額や立ち回りは!

スポンサーリンク

サラリーマンにとって仕事の休憩中は唯一の癒しの時間です。

そんな癒しの時間ですが、昼の休憩時間に入店して1時間も経たずに退店するサラリーマンの姿を見かける事も多いです・・・。

1時間という限られた時間の中で勝負に賭ける男たちは一体どんな機種を打っているのでしょうか!?

今回は昼の休憩時間に打つ機種について考えてみました!

 

仕事の休憩時間に打つべき機種とは一体!?

 

 

現在のパチンコやパチスロは規制によってある程度の出玉や枚数を獲得するには時間がかかります・・・。

休憩時間の限られた時間で考えるとパチンコなら演出の消化で非常に時間がかかりますし、パチスロだと純増枚数が少ない為AT・ARTの消化で圧倒言う間に休憩時間が過ぎていきます。

パチンコ・パチスロの歴が長い方なら分かると思いますが1時間勝負なら・・・。

 

パチスロのAタイプ一択でしょう!!!

 

Aタイプ機種ならボーナス後に即止めも可能ですし、余計な演出による時間もかかりません!

 

スポンサーリンク

1時間でどの位回せるのか!?

 

1時間という限られた時間で勝とうと思うととにかくぶん回す事が一番重要です。

現在のパチスロ機はウェイトがある為、どれだけ頑張っても回せる回転数が決まっています。

1回転あたりのウェイト時間は約4.4秒ですので、1時間で計算すると最大800回転がマックスの回転数になります。

休憩時間という事を考えると1時間以内に台選びや換金などの時間もある為、約500回転前後になると思いますので、このゲーム数での勝負になります・・・。

 

1時間での負け額はいくらになる!?

 

 

勝つ事を考えてばかりでなく負ける事ももちろん考えるべきです。

『1時間で負ける金額なんて大したことない!』なんて思っていませんか!?しかし、全く当たらなかった場合は結構な金額を負けてしまうのです・・。

1時間に回せるゲーム数を500回転だとしてベースを1K/37回転だとした時にこのような結果になります。

 

約13000円

 

この金額を1時間で負けると休憩後の仕事のテンションも落ちてしまいそうですね・・。

 

結論としては・・・。

 

休憩時間という限られた時間で打ちに行くのはおススメ出来ません・・・。

ヤメ時を強制的に決める事が出来るので負け額としては抑える事が出来ますが、昼休みの時間ですと設定判別要素も少ないですし、仮に設定の良さそうな台を見つけても打ち続ける事が出来ません。

昼からの1時間ではデメリットの方が圧倒的に多い為、打ちたい気持ちをグッと抑えて夕方からの立ち回りに資金を回しましょう!

無理に打ちに行かない事も立ち回りの1つだと思いますので参考にしてみてださいね!

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメ!

-趣味
-