趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

パチンコを週に30時間する人の年間平均負け額はなんと100万円以上!?

スポンサーリンク

パチンコやパチスロを仕事帰りに毎日通っている方も少なくないのではないでしょうか・・・?

自分自身も毎日のように通っていた時期もありましたが、気づけばお財布の中は空っぽになっていました!

コンスタントに毎月収支をプラスにしている方もいるとは思いますが、多くの方はマイナスになっているはずです。

では年間ではどの位の金額がマイナスになっているのでしょうか?

面白いデータがありましたので、今回は紹介したいと思います。

 

パチンコ・パチスロの平均年間の負け額はいくらになるの?

 

 

まず初めに年間の負け額を出す前に大切なパチンコの利益率について解説したいと思います。

利益率とは10000円投資した場合にどれだけホール側の利益になるか。

一方還元率とは、10000円投資した場合にどれだけ戻ってくるか?という数字になります。

平成19年の時点でパチンコ店の平均利益率は約20%と言われています。くらいです。

1万円投資した場合に、平均で2千円負ける計算という事になるのです・・・

 

スポンサーリンク

1時間あたりの負け額は・・・

 

1時間ホールで4円パチンコを遊技した場合に平均で使う額は、パチンコ店の平均データではこのようになっています。

使用金額=時間数×5000円 (平均値)

そして利益率が80%と考えると一時間当たりに1000円の負けが発生している事になります。

もちろん勝つ日もありますし負ける日もあります。

大負けしている人もいれば大負けしている人もいますのであくまで平均値でも話です。

 

一週間に30時間の遊戯で年間の負け額は・・・

 

 

この計算を元に一週間に30時間の遊戯を年間続けると約128,000円の負け額になる事になります・・・

年間に100万円近い金額がパチンコに消えていくという事を知ると怖くなりますね・・・

1パチの場合でも30万近い金額が負けている事になります。

年収が高い方ならば余裕かもしれませんが、サラリーマンの平均年収が418万円ですので、これはかなり痛手ではないでしょうか?

 

まとめ

 

勝っている人はそのまま続ける事で収支を増やす事が出来ますが、負けている方は一回自分が年間どの位の金額をパチンコ・パチスロで使っているのかを一度見直す事でショックを受ける数字が出てくるかもしれません!

年間の収支をつけるのが難しい場合は3か月間の収支を付けて平均を出して12倍すればおおよその年間収支が出てくるでしょう。

一度『趣味の範囲なのか?』という部分を理解して上手にパチンコ・パチスロと付き合っていくことが大切ですね!

 

スポンサーリンク

こんな記事もおススメ!



-趣味