趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

【パチンコの新基準】確変継続率65%の平均連チャン数は!?投資金額の目安は!?

スポンサーリンク

新基準のパチンコに本格的に切り替わり数ヶ月が経ちましたが、最近の勝率はいかがでしょうか?

確変継続率の最大値が65%と大幅に低下した事もあり、『当たっても連チャンしない・・・』という方も多いのでは!

今回は新基準機での『平均継続回数』と『負けを覚悟する投資金額』という部分について考えていきたいと思います。

 

新基準機ではどれくらい連チャンするの!?

 

 

規制前のパチンコでは継続率も非常に高く一回の大当たりから10連チャンというデータも良く見られましたが、現在では継続回数も1~3回というデータが多いですよね!

実は、新基準での平均の継続数はこのような数字になっています。

 

『65%での確変継続数の平均は2.86回』

 

ですので、3回以上継続したら平均以上に連チャンした!と思った方が良いのです・・・

皆さんは新基準機で2.86回以上の連チャンをしていますでしょうか!?

 

スポンサーリンク

負けを意識し始める投資金額は!?

 

 

新基準の場合は平均の継続数が2.86回ですので、16Rの大当たり一回が約2000玉として、平均の継続回数での獲得出玉は約5720玉になります。

ですので、約3万円を超えたあたりから負けを意識し始める金額になります。

もちろん実践する時間や換金率にもよりますが、約5万を超えた時点で取り返す可能性は非常に低くなってきますので、5万円以上の投資は危険です・・・

 

損切りラインを決めるのは大切!

 

ギャンブルの世界で勝つために一番重要な事は『損切り』と言われるほど負けの金額を抑える事は大切です。

勝つときは大きく勝って負ける時は小さく負けるという部分を意識すれば勝率はグッと上がりますが皆さんは実践できていますか?

『激アツのリーチを外して悔しくなって当たるまで追加投資をしてしまった・・・』という経験や、『この台はハマったから連チャンするはず!』『この回転数まで回せば当たるはず!』という根拠の無いオカルトに頼ってしまっては、大当たりで取り返せる範囲を超えてしまい負けの傷口だけが大きくなってしまうのです・・・

ですので、一番重要な事は打つ前に投資の最大金額をあらかじめ設定しておくという事が大切です!

 

まとめ

 

以前のように爆発機という機種は無いですので、一回の大当たりから大量出玉!という事はかなり厳しくなっています・・・

その分、初当たりが低くなっていますので遊びやすくはなっていますので、遊びと割り切って1円パチンコなどで遊ぶ方が楽しい時代なのかもしれません!

今後規制のスキマをついてメーカーが面白い機種をどんどん登場させてくれる事を願う限りです!

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメ!

-趣味
-