趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

『CRルパン三世 Lupin The End』の演出はなぜここまで不評なのか!?

スポンサーリンク

パチンコ・パチスロ業界の中で大人気のコンテンツといえば『北斗の拳』『花の慶次』『牙狼』など現在でも新機種としています。

そんな人気コンテンツの中でも最近、不評の台と言えば『ルパン三世』です・・・。

新基準の新台として平和から登場した『CRルパン三世 Lupin The End』はルパン三世シリーズの中でも一番人気の高かった『消されたルパン』の後継機種としての登場でした。

人気機種の後継機種だけにユーザーからの期待が大きかった分、その反動は大きかったようです・・・。

 

なぜルパン三世の新台は不評なのか!?

 

 

今回のルパン三世はネット上でも不評のコメントが多く目立ちます!

そのコメントの多くが『派手すぎる演出』『通常時の煽り』『スペックの問題』という点です。

確かに今回のルパン三世は演出が派手な為、保留が少しでも変化したら爆音が鳴り響き、リーチにもならず何事もなく過ぎ去っていきます・・・。

数年前までは赤色でも十分期待を持てていた演出も今回の機種ではリーチにすらならない為、通常時は虎柄・金色の演出待ちという演出バランスの崩壊がユーザー側の今回の評価になっていますね!

 

スポンサーリンク

ユーザー側とメーカー側の求める意見の違い

 

過去のルパン三世の機種は演出も面白く、演出が弱くてもいきなり当たるなんて事もありました。

タイマー予告やタイプライター予告、不二子の演出などルパン三世ならではの演出が醍醐味でしたが、今回の台に関しては演出のやり過ぎ感が否めないです。

派手で斬新な演出で飽きない遊戯をしたい気持ちはユーザーとって一番の願いではありますが、メーカー側の考える演出とのズレが大きいようですね・・・。

ルパン三世で大ゴケしてしまった平和は今後どのような形で起死回生を図るのかが注目です!

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメ!

-趣味
-