趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

新規制の設定機能が搭載されたパチンコがついに導入!?その詳細は?

スポンサーリンク

以前よりパチンコにも設定が搭載されるという情報はこのサイトでも取り上げてきましたが、ついに設定機能が搭載されたパチンコがホールに登場するようです。

今回の記事では設定機能が搭載されたパチンコの詳細や今後ホールでどのようなメリットとデメリットがあるか?という部分を書いていきたいと思います。

 

パチンコ設定機能って一体何!?

 

 

今年に入ってからパチンコ・パチスロの規制ラッシュが行われましたが、その中でも設定機能が搭載されたパチンコの情報は封入式という店側が釘を調整出来ないという規制内容でした。

しかし、まだまだ封入式のパチンコがホールに登場するのは先の事ですので今回登場した機種は釘調整は店側が可能になっていますが、設定によって大当たり確率や確変中の確率が6段階で変更されるという内容です。

封入式の台を導入する前に、こういった設定が搭載されたパチンコがどのうよな動きをするか?という部分を試験的に行うのかもしれません・・・

 

スポンサーリンク

今後登場する設定機能が搭載されたパチンコは!?

 

 

今後登場する機種としてはSANYOから登場する6段階設定パチンコの『フィーバー革命機ヴァルヴレイヴ』です!

その詳細は設定1で1/159.8(高確率1/50.0)~設定6で1/119.2(高確率・1/37.2)となっているようで設定によって初当たりにもかなりの違いがある事がわかります。

他にもニューギンから過去の名作機種のリバイバル機種として『ミルキーバー』が検定を通過しましたが、この機種に関しても設定機能が搭載されているようですね!

今後ホールで人気が高くなれば他のメーカーからも次々に発表される事となりますから各メーカーに注目していきたいですね!

 

ホールではどのような動きが予想されるの!?

 

パチスロ同様に長時間回されると設定判別もある程度可能になると思いますので、データを見てハイエナなどが増える事はもちろん予想されます。

その分、設定が低い台に関しては誰も座らないという状況も起きますので高設定が入らないホールでは客がいなくなる事は確実でしょう・・・

しかし、継続率は65%の規制がありますので、高設定に座れても勝ちやすくなると思いますが負ける可能性も大きいという点を理解しておく事が必要になります。

まだ設定機能が搭載された機種が本格的に導入されていませんが、現在低迷中のパチンコ業界に少しでも希望になるような結果になる事を期待したいですね!

 

スポンサーリンク

こんな記事もおススメ!



-趣味
-