趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

定量制パチンコの導入店舗が増えている!メリットは?釘が良ければ勝てるの!?

スポンサーリンク

近年スペックの規制と遊戯人口の低下により、パチンコ店の釘も年々辛くなっています。

そんな中『定量制パチンコ』というコーナーが賑わいを見せ始めているのをご存知でしょうか!?

今回は『定量制パチンコ』について書いていきたいと思います。

 

定量制パチンコって一体なに!?

 

 

定量制パチンコとは一定量の出玉を獲得した時点で打ち止めとなり強制的に交換をしなければならないパチンコの営業方法です。

主に羽根モノ機種や甘デジなどの機種に多く見られれる営業方法で、羽根モノが全盛期の時代に全国のパチンコ店で見られましたが一時期は減少していましたが、最近ではこの営業方法を導入している店舗も増えてきています。

メリットとしては、『釘が通常よりも甘く設定されている』という点!

では、どんな方に定量制はおススメなのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

大勝を狙わない人にはおススメ!

 

 

釘が通常よりも甘くなっている為、羽根モノや甘デジ機種は非常に勝ちやすくなっています。

しかし、勝ち額も一定金額に定まっている為、大勝は不可能でも数千円~数万円の勝ちの可能性は高いです。

定量制を導入している店舗ではこのような設定をしている店が多いです。

  • 羽根モノ 2~3000個
  • 甘デジ  5000個

ですので、この定量以内の投資金額で当たりを引ければ後は、釘が良い台なら持ち球遊戯で増やす事も出来ますので、初当たり次第で勝ち負けが決まるのです。

 

定量制でおススメの台は羽根モノ系!?

 

定量制のメイン機種と言えば「羽根モノ」パチンコ!

羽根モノの機種は勝ち負けに大きく釘の部分が関わってくる為、釘が甘ければ勝つ可能性は圧倒的に高くなります。

昔から『釘の良い羽根モノを見つけて一日打てば必ず勝てる』と言われているほどです・・・

その分技術介入や釘を読む力が必要になる玄人向けのパチンコです。

ですので、定量制の羽根モノパチンコは釘が甘い台が多く技術介入や釘読みを勉強すれば常に勝つ事も可能になるのです!

 

『天下一閃』『餃子の王将』こそ定量制に置くべき!

 

 

こういった定量制にピッタリの台は羽根モノ機種ですが、その中でも最近人気の高い『餃子の王将』や『天下一閃』といった一撃台を置いた方が良いのでは無いでしょうか!?

ライターの大崎一万発さんも自身のYOUTUBE動画でこのように発言をしています、『こういった台は釘が良くなければ台の面白さが伝わらない』。

 

 

パチンコ店側もこういった台の釘を甘くしてしまうと上限なく出しっぱなしになってしまうので、なかなか釘を開放出来ないのが現状・・・

ですので、定量制コーナーにこういった台が導入されれば一気に人気機種になるかもしれませんね!

 

まとめ

 

デジタル機種では味わえない『大当たりを目で見れる』という部分が面白い羽根モノ機種!

最近ではスペックの規制に伴いパチンコの人気も下火になってきています。

そういった部分を解決する為にも本来のパチンコの面白さを再認識できる羽根モノ機種をパチンコ店は定量制で上手く使うべきなのではないでしょうか・・・

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメ!

-趣味
-