趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

規制後のパチンコで勝っている人の割合はどの位!?勝つ人の特徴とは!

スポンサーリンク

パチンコで大負けした時や連続で負けが続いている時にこんな事を考えた事はないでしょうか・・・?

『世の中にはパチンコで勝っている人はいるのか!?』

スペックは年々厳しくなっているし、換金率は悪くなっているし、パチンコの暗黒の時代と言われている現在にどのくらいの割合の方が勝っているのか?どのような方法で勝ち続けているのか?この疑問を今回は考えていきたいと思います。

 

パチンコで勝っている人の割合はどの位!?

 

 

パチンコ歴の長い人は分かると思いますが、パチンコは負ける事もあれば勝つ事もあります。

毎回必ず勝ち続ける事は不可能と言える遊戯ですので、『パチンコで勝っている人』と言える人の基準は年間を通してプラスになっていれば『勝っている人』と言えるのではないでしょうか!

数年前のMAXスペック全盛期の時代の情報ですが、『勝っている人の割合は1~2割』という情報があります。

スペックが良かった時代でその割合ですので、規制によってスペックが厳しくなっている現在ですともっと低い割合になっているでしょう・・・。

 

スポンサーリンク

勝っている人はどんな人なのか!?

 

適当に台を選んだり根拠の無い自信で打っていれば確実に負ける可能性は高いです。

パチンコで勝っている人の普段から行っている事は昔から大きく分けて3つの事を行っていると言われています。

  • 勝ちを大きく負けは少なく
  • 釘やスペックを細かく下調べしてから打ち始める
  • 細かな止め打ちによる技術介入を行う

負けている時ほどムキになって当たるまで打ってしまう!という方も多いと思いますが、勝っている人は勝つときよりも負ける時に細心の注意をしているようです!

負け額を抑える方法はボーダー以下の釘を打たないようにしたり、細かな止め打ちによって無駄な玉を少なくする事によって投資金額を抑えます。

大当たり中も止め打ちを行うだけで、かなりの出玉の違いがありますのでそういった部分まで気を使う事が大切です!

 

勝ちに拘るならばストイックな世界!

 

 

本格的に勝ちを拘るならば、『楽しく遊戯をする』というより『仕事のようにストイックにパチンコをする』という意識になりますので、楽しみ方が大きく変わってくるはずです。

パチンコで演出や大当たりを楽しむというよりは、『お金を稼ぐ事を楽しむ』という形になります。

パチンコが打つのが好きな方は低貸しやゲームセンターなどでの遊戯の方が本来の楽しみ方が出来るのかもしれません・・・。

 

まとめ

 

パチンコを打つからには勝った方が当然嬉しいですが、勝ちに拘り過ぎるとパチンコ本来の楽しさが失われる部分が大きいかもしれません!

来年に向けて本格的な規制がスタートしますので、現在よりも出玉も少なく継続率の低いスペックの台になりますので、より勝ち続けるという事は難しいと思われます。

パチンコが全盛期の時代は専業で『パチンコを打って生活している』という方が多かったですが、来年以降はそんな専業の方が都市伝説になるかもしれません・・・。

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメ!

-趣味
-