趣味

  • パチンコに設定を導入!?2018年のパチンコは驚異の出玉規制を実施!

新台パチンコ『CR吉宗4 天昇飛躍の極』は新基準で最強の継続率!?スペック・感想・評価

スポンサーリンク

パチスロ・パチンコの人気シリーズ『吉宗』に新台として『CR吉宗4 天昇飛躍の極』が登場します。

今回の機種は新基準に対応していますが、これまで登場した新基準機種とは違い、新たなゲーム性になっております。

その新たなゲーム性により、パチスロの吉宗の1G連をパチンコで体感出来る仕様になっており導入前から話題の機種になっていますが、そのゲーム性とはどのようなスペックになっているのでしょうか!?

今回は『CR吉宗4 天昇飛躍の極』の解析について書いていきたいと思います。

 

『CR吉宗4 天昇飛躍の極』詳細情報!

 

導入予定日は6月の5日になっています。

6月5日は「銀河鉄道999」の新台や「シルバーラッシュ」「CR真夏祭り」などが予定されている日になりますが、多くのホールの新台としてのメイン機種は「銀河鉄道999」「吉宗4」になるでしょう!

 

導入機種情報
導入日 2017年6月5日
導入台数 約10,000台
メーカー 大都(DAITO)
タイプ 1種2種混合タイプ

 

 

スポンサーリンク

大当たり確率・継続率【スペック詳細】

 

今回の機種のスペックは少し特殊なスペックになっています。

初当たりの確率は1/319.7と新基準の定番確率になっており、ヘソ通常40%に時短は付かないですが、右打ち58.5%継続(1/6.2を5回で58.5%)となります。

右打ちは時短5回+残り保留4回の抽選になる為、右打ち継続率は79.5%になるという少し変則型のスペック。

 

ですので、最大RUSH継続率は約80%となりますので、ストレスなくサクサク当たる仕様になっているのです。

 

スペック
大当たり確率 1/319.7
小当たり確率 1/6.2
賞球数/カウント数 4&1&3&10/10C
RUSH突入率 60%
RUSH継続率 約80%
電サポ 0or5回

 

ヘソ入賞時大当たり振り分け

 

まず、ヘソでの大当たりから60%の電サポ獲得を目指す事が一番重要になります。

40%の通常当たりの場合は電サポ回数は0回転ですので、その後は内部確変なども無く1/319の確率で抽選になる為、即止めもOKです。

ヘソ入賞時の大当たり振り分け
大当たり 電サポ 振り分け
10R通常 5回 60%
10R通常 0回 40%

 

電チュー入賞時大当たり振り分け

 

電チューでの大当たりの場合は全て5回転の時短が付くようになりますが、その際は電サポが開く限り入賞させる事電チューのカウントを+4回転まで増やせるので継続率を最大約80%まで高める事が可能です。

電サポ終了後は内部確変なども無い為、即止めでも大丈夫です!

電チュー時の当選内訳
大当たり 電サポ 振り分け
15R通常 5回 100%

 

大当たり獲得出玉詳細

 

大当たりの獲得出玉は以下の通りになっています。

連チャン性能が高い機種になっていますので、少し出玉は抑えられていますね!

確変突入出来た場合の期待出玉数は4200~6400発となっております。

大当たり出玉
15R 約1500個
10R 約1000個

 

重要演出詳細

 

調査中

 

感想・評価

 

今回の機種の一番の注目ポイントは「1500発の1G連」と発表されています。

新基準になってから各メーカーがいかに規制の穴をつくかという部分を試行錯誤していますが、今回はその中でも新たな試みの台ですね!

しかし、RUSHのループに入るまでが結構きつそう・・・

単発が何回か続いたり、RUSHに入っても2連終了が続くと確実に爆死しますので、結構ギャンブル台です。

このスペックの台をホール側が釘を開けるとは思えないので、新装された何日かが勝負ではないでしょうか・・・

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメ!

-趣味
-